<< ミモザの日のお菓子 Happy Valentine... >>

nomaの料理講習会

2月末から春のメニューでレッスンをしています。
今回はほたるいか、あさり、菜の花など春満載の食材を用意しています^^
ほとんどのクラスが埋まってしまいましたが、
3月16日にキャンセルの方が出ましたので
もしよかったらお申し込みくださいね。
(満席になりました、ありがとうございます)

さて先月のことですが、話題の「noma」の料理講習会に行って来ました。
「noma」はもうご存じの通り、世界ベストレストラン50で長年1位を獲得しています。
そのnoma、本国のお店を休業し、シェフのレネ・レゼピ氏とスタッフ77人が日本にやってきました。
1月から2月にかけてマンダリンオリエンタルで期間限定で営業していたことは連日話題になっていましたよね。

そんな中での料理講習会でしたので、参加者もすごい人数でした!
プレスの方も多く、そして有名シェフもちらほら。
iphoneで撮ったこの写真(画像悪くてごめんなさい!)でも熱気が伝わるでしょう?笑


c0182106_21270293.jpg
中央がレネ・レゼピシェフ、その右にいらっしゃるのがnomaの日本人スタッフの高橋さん。
ちなみに一番左はレフェルベソンスの生江シェフ!
今回の日本での営業では彼なしでは到底無理だったという、レネ氏絶賛の生江シェフ。
常に端の方でサポートしたり、通訳の方が英語で困っていると(笑)
生江シェフが説明したりという場面が数多くありました。
そんな生江シェフの姿を見ていたら、またレフェルベソンスに行きたくなりました!

料理講習会ではnoma in Japanでの全メニューが披露されました。
話題のボタンエビと蟻の料理ももちろんありましたよ^^
エビに酸味を付けようとしたところ、レモンだと食感が変わってしまうので
蟻が出すギ酸に注目したということです。
それにデンマークではレモンは収穫できないようです。
c0182106_21271105.jpg
蟻なんて~ってはじめは思いましたが、
よく考えたら私っていろいろと食べてます。
ペルーのクスコではねずみのようなクイの丸焼きなんかも平らげてますし、笑。
クイに比べたら蟻なんてどうということはないですね^^;

ちなみに蟻の収穫している映像も見せていただきました。
ただ手で蟻を収穫しているだけでしたが、笑。
ちなみに長野県の蟻がいいようです。

とにかく独創的で発酵なども多用した分子料理。
nomaのお料理を再現しようとはさすがに思いませんが、
レネ氏の発想の豊さ、そして食材に真剣に向き合う姿などとても勉強になることばかりでした。

そしてやはりコペンハーゲンのお店のほうにいつか行ってみたい!
といってもランチは今現在5000人待ちですって~!



[PR]
by 94marimari | 2015-03-03 22:19 | イベント | Comments(2)
Commented at 2015-03-07 16:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 94marimari at 2015-03-07 19:31
大橋さま。ご連絡ありがとうございます。詳細をお伝えしますので、下記メルアドまでご連絡くださいませ!marikotagaya94@gmail.com
<< ミモザの日のお菓子 Happy Valentine... >>