カテゴリ:レストラン(英国)( 4 )

English Breakfast@Connaught

c0182106_1940547.jpg

私は朝食が大好きです。
家でも旅行先でもしっかりと朝食を食べて一日のスタートを切らないと
力がまったく出ません。
イギリスの朝食といえばやはりEnglish Breakfast。
卵、ベーコン、ソーセージ、ベイクドトマト&マッシュルーム、そして
カリカリに焼いた薄いトーストにたっぷりの紅茶!
毎日こんなボリューム満点の朝食をいただくことはさすがの私もできませんが
時々食べたくなります。

先日、このEnglish Breakfastが有名なコンノートホテルに行ってきました。
昨年末にこちらのフレンチをいただいてからすっかり気に入ってしまったコンノート。
小さいホテルで、隅々までサービスが行き届いてお気に入りです♪
c0182106_19412749.jpg
c0182106_1941484.jpg

日本人には不人気のイギリスのソーセージですが、
こちらのソーセージなら美味しい!と感じるはずです。
ソーセージ自体もとても美味しいものを使用しているのですが焼き方も抜群。
パリッとした歯ごたえが、本当にイギリスのソーセージ?と間違えそうになります。

上の写真の小さいグラスはコンプリメントで、ブルーベリーとヨーグルトのスムージー。
ジャムは7種類あり、もちろんSeville Orange Marmaladeもありました。
紅茶もとても美味しく、11時過ぎまで朝食をのーんびりと食べて最高のスタートを切れた一日でした。
[PR]
by 94marimari | 2009-02-04 19:50 | レストラン(英国) | Comments(0)

Hélène Darroze@the Connaught

c0182106_195149.jpg

先日、主人の叔父、叔母がビジネスでロンドンにいらしていたので滞在先のコンノートホテルのメインダイニングでディナーをいただきました。シェフはアラン・デュカスの元で修行した、フランス南西地方出身の女性エレーヌ・ダローズです。パリに2ツ星のレストランを構えていたのにそちらを閉じて渡英し、今年の7月にコンノートで再オープンさせたということです。
私たちは全員シグニチャーというコースをいただきました(シグニチャーをオーダーする場合、テーブル全員がマストみたいです)。このシグニチャーコースはいわば、エレーヌの得意なもののオンパレードという感じで初めて彼女の料理をいただくにはもってこいなかんじです。料理は基本的にフランススタイルでスタートはフランス南西部のガスコーニュ地方の生ハムが目の前でスライスされます。この生ハムの美味しさといったら!シグニチャーコースは少な目のポーション(といっても日本人は十分な量ですよ)のお料理が何皿もでます。詳細は割愛しますが、とにかく私の好きな味ばかりでした。フォアグラも登場しますが、意外とさっぱり、上質なものを使用している所以です。デザートも非常に工夫が凝らされていて味、見た目ともに素晴らしかったです。来年のイギリス版ミシュランでは確実に星つきになることでしょう。
コンノートは英国式朝食やアフタヌーンティーが大変有名ですが、今年はこちらのレストランがオープンし、更に目が話せないホテルとなりそうです。

(画像はHPからお借りしています)
[PR]
by 94marimari | 2008-12-15 07:26 | レストラン(英国) | Comments(2)

Benares

イギリスに住んでいると外食の失敗談には尽きることがありません^^;。
でもそんなイギリスの外食事情でももっとも失敗が少ないのは
インド料理ではないでしょうか?

私はもともとエスニック料理が好きな上、インドを旅行しても
毎食インド料理で一向に飽きることがなかったというぐらいの
自称インド料理愛好家?!です^^。

こちらにいる間にせっかくだからインド料理も学びたいと思い先日も
Star of India」のシェフに教えていただきました!
そのお陰で今では我が家のキッチンにどんどんスパイスが増えている状況で、
日々研究中です。いつか自分の味ができたらお料理教室でも紹介したいです。
c0182106_21155681.jpg

さて、先日ロンドンに住んでいる同じ大学の友人とメイフェアにあるインド料理「Benares」で
お食事をしてきました。
ベナレスはミシュラン界では数少ない星つきのインド料理レストラン。
インド料理のレストランですが、なんとダイニングに通される前にバーがありました。
間違えてフレンチにきてしまった?と思うほどの雰囲気です。
お食事もインド料理とは思えないほどかなり洗練されていました。

先日現地のママ友数人でインド料理レストランに行ってきたのですが、
その時にインド出身の友達が「フレンチインディアンが今流行っている」と言っていました。
まさにこのベナレスはその言葉通りのところ。
ちなみにこういう洗練されたインド料理ってインドの方は食べないのではないか、と思いましたが
上の階級の人たちはかなり好きらしいです。
[PR]
by 94marimari | 2008-10-04 21:14 | レストラン(英国) | Comments(0)

Le Manoir aux Quat’Saisons

c0182106_20293490.jpg
以前から非常に行ってみたかった「Le Manoir aux Quat’Saisons」で食事をしてきました。場所はオックスフォード、料理番組などでも有名なシェフ、レイモン・ブラン氏がこの素敵なマナーハウスのオーナーです。ミシュラン2つ星を20年以上保持しているだけあってレストラン目当てで遠方から多数のお客さんがいらっしゃっているそうです。
c0182106_20295530.jpg
c0182106_203055.jpg

広大な敷地内には自家農園もありそこで育ったお野菜を沢山いただきましたが本当に美味しかったです。ちなみに写真にうつっているのはなんと紫蘇。日本の食材も結構使われていて、私が食べたメインのお魚のプレートにはわかめまで登場してびっくりさせられました。週末のランチはディナーと同じフルコースでとにかくすごい量でしたが、どのプレートも味はあっさりめなので苦しいながらも全て平らげてしまいました。そうそう、こちらのレストランは子供welcomeですよ♪ただ子供は3コースなので少食な子には勿体無いかもしれません。結構良いお値段なのでね・・・。
[PR]
by 94marimari | 2008-09-07 20:27 | レストラン(英国) | Comments(0)